任意整理とは


借金問題を根本的に解決する作業を債務整理と称し、現在4種類の手法が法的に認められており、債務者の置かれた状況や返済能力などを総合的に検証の上、ベストと判断される選択肢のチョイスが可能です。債務整理は弁護士や司法書士など法律のプロの手を借りず、債務者自身で対応が可能な方法もありますが、いずれも専門知識と複雑な作業、そして時間と労力が求めらえるため、ミスなく進めて行く事は容易ではありません。やはり専門家に正式に対応を依頼から、自身のライフスタイルの修正からの再構築に力を注ぐ選択がベストです。

ちなみに債務者にとって1番身近な方法と紹介出来る任意整理ですが、こちらは債権者と交渉から、債務総額から利息や遅延損害金などを容赦してもらい、元金だけを3~5年で分割完済させてもらう形で自己破産を回避する手法です。これには債権者側の理解と譲歩が欠かせませんが、債務者が自己破産すれば回収が叶わなくなってしまうデメリットが避けられず、交渉で歩み寄りからの合意を目指す方法です。債務者に代わり弁護士が債権者と直接対応する事で、債務者にとっては負担が軽減された条件で、仕切り直しからの完済を目指す債務整理法であり、家族など周囲の人達に気づかれずに進められる利点も見過ごせません。