未来を視野の債務整理


最終的に債権者との合意から、任意整理で完済を目指せるとなれば、債務者からすれば「まずは一息」となりがちですが、この時点での気の緩みは禁物です。債務者である自らに譲歩してもらった形での仕切り直しである以上、次に同様の延滞を生じさせてしまった場合、今度は一切の容赦は求められません。自らに厳しく気を引き締め、和解案を厳守からの完済を自らの最優先課題に見据えた生活を続けねばなりません。

また任意整理を実践中の期間を用い、完済後の自身のライフプランをしっかりと見つめ直す作業も欠かせません。任意整理のデメリットとして、信用調査機関に自己情報として任意整理の事実が登録され、債務者は一時的にブラックリストに載った状態となります。向こう数年間は新たなクレジットカードの発行が停止される、新たなローンが組めないなどの実質的なペナルティが課され、現金決済に限定された生活となります。キャッシュレス化が進む現代社会に於いて、時に不自由を覚える場面が多数想定され、こうした制限を頭に置いた新生活を見据えておかねばなりません。但しこうした自己情報は5~7年程度で消去され、官報に載る、職業制限に繋がるなどの事態には及びません。未来を視野に入れての債務整理法として、任意整理は今この瞬間も多くの債務者が実践中の借金問題解決策です。